2021.7.27 ブログ

不要になった寝具布団の処分について

こんにちは。半ざむ本八幡店、店長の平子です。

今回は、当店の人気サービスである不要布団の処分無料サービスキャンペーンについてお話させていただきます。

寝具の新調をしたいけど、不要寝具の処分に困っているという方におススメの内容になっています。

【引っ越し】
【粗大ごみにだすのが面倒】
【押し入れの整理がしたい】
と言った悩みをかかえていませんか?

因みに市川市で不要寝具を処分する方法は戸別収集を利用するか(布団2枚で520円かかります)市川市のクリーンセンターに自分で持ち込む方法があります(1枚あたり200円かかります)

上記の方法も面倒だし、寝具も新しくしたい。
不要ふとんをもっと楽に処分したいという方には当店をご利用いただくことでメリットがあるかと思います。

寝具をご購入いただければ使わなくなった寝具を無料処分

半ざむ本八幡店で寝具をご購入いただければ使わなくなった寝具を無料処分しています。
不用寝具の無料処分対象は、掛布団、敷き布団、枕、パッドシーツとなります。

【キャンペーン概要】

66,000円以上のご購入で不要ふとん発送キットをプレゼントいたします(千葉県、東京都内のお客様のみ対象)
また、20,000円以上のマットレス、羽毛ふとん、その他寝具をご購入で不要ふとんを店舗にお持ち込みいただければ、2枚まで無料で引取りいたします。
(ベッドマットレス、ベッドフレームの回収は承っておりません)

不要になった寝具布団の処分

上記の不用ふとん発送キットの内容は、一般的なシングルサイズの敷きふとんなら3枚、掛ふとんなら5枚ほど入る大きな袋が入っています。

また付属品としてテープ、固定紐が2本、着払い伝票がセットになっております。お客様自身で不要ふとんを入れていただき、付属の着払い伝票を貼って佐川急便さんに集荷をお願いしていただけると無料で不要寝具を発送できるセットとなっています。

簡単に梱包できる仕様

お客様自身で不要ふとんを入れていただき、付属の着払い伝票を貼って佐川急便さんに集荷

また具体的な事例があった方が内容を理解しやすいかと思いますので具体的な事例を以下にご紹介いたします。ご検討の材料の一つにしていただればと思います。

事例1:不用ふとん配送キットを利用

M様40代男性。船橋市宮本からごマットレスと掛ふとんを探しにご来店。
元々使用していた寝具が古くなったけど処分をどうしようか悩んでいた。

「粗大ごみに出すのも面倒だし、回収してくれるのは助かります」とのことでした。
M様にはマットレスと羽毛布団をご購入いただき、不用ふとん配送キットを利用して今まで使用していた寝具を処分していただきました。

事例2:押し入れがスッキリして、長年の悩みもスッキリ

S様ご夫妻。市川市曽谷から羽毛布団のリフォームでご来店。

奥様の嫁入り時に持ってきた婚礼布団・お客様用布団で押し入れがいっぱいでなんとかしたいというお悩みがあった。
ご主人には「車に積み込んでクリーンセンターに行くのも大仕事だから助かるなぁ」とおっしゃっていただきました。

S様ご夫妻とお嬢様分の羽毛ふとん3枚をリフォームをしていただき、枕もご家族分ご購入いただきました。処分したい寝具の数が多く、購入金額が20万円以上でしたので不要ふとん配送キットを3袋お渡しいたしました。

配送キットが3枚あれば相当数の不要寝具の処分が可能です。3枚配送キットがあれば敷き布団だけでも9枚、掛布団なら15枚処分が可能です。

S様に後日リフォームの納品の件お電話したところ「押し入れがスッキリして、長年の悩みもスッキリした」とのことでお役にたて、嬉しい限りです。

当店では羽毛ふとんのリフォーム(仕立て直し)を承っております。お気軽にご相談ください。

https://www.futon-hanzam.com/reform
当店では綿ふとんの打ち直しも承っております。お気軽にご相談ください。
TEL 047-377-8036

事例3:車もないので処分しようにもどうしたらいいか…

K様20代男性。市川市北方からふとん一式を検討でご来店。

半年前に他店で買ったふとんがヘタってしまい買い替えたかったが、一人暮らしで部屋に置いておくスペースもないし、車もないので処分しようにもどうしたらいいかわからなかった。というお悩みがあった。

「処分方法も含めて相談したかったのでこちらに来てよかったです。」というお言葉をいただきました。
K様にはふとん一式をご購入いただき、ふとんが到着したその日に不用ふとん配送キットにて入れ替えで今まで使っていたおふとんを処分していただきました。

事例4:引き換えで、古いふとん処分できたら楽

Y様30代ご夫婦。松戸市五香からマットレス2台お買い換えでご来店。

購入した時商品と引き換えに、不用ふとんを引き取りして処分してもらえないかというご相談。

Y様は前もってお問合せをいただき、予約を入れさせてもらい不用敷きふとんをお持ち込みいただきました。

「新しいマットレスと引き換えで、古いふとん処分できたら楽だなと思っていたのでよかった。」とのお言葉でした。

商品と引き換えに不用ふとんをお預かりしてこちらで処分いたしました。

マットレス、羽毛ふとん、まくらなどご購入を検討、体験などの場合は事前にご予約いただければ、待ち時間少なくスムーズにご案内できます。

事例5:敷きふとんでも処分は可能

T様女性。東京都江戸川区小岩から羽毛ふとんを探しにご来店。

昔から使っていなく、ずっと置いてある綿の敷きふとんをどうするかのお悩みがあった。

「実は、掛けふとんではなく全然使っていないお客様用にとっておいた綿の敷きふとんがあるのですが敷きふとんでも処分は可能ですか?」とのご相談でした。

T様には羽毛ふとん2枚ご購入いただき、不用ふとん配送キットを利用して、使っておらず圧迫していた綿のふとん2枚を処分していただきました。

掛けふとんをご購入いただいた場合でも敷きふとんや、不用の寝具も処分出来ますのでご安心ください。不用ふとん配送キットに入れていただければ処分可能です。
一部回収出来ないものもございますので、配送キット内の引き取り不可の項目をお読みください。

また「急いでいる」「面倒」という方は廃品の回収業者を利用するのがおススメです。料金としては割高になりますが、部屋に置きっぱなしでも搬出回収しれくれるのでお金が気にならない方は回収業者さんが一番ラクかと思います。

今回は好評の不要寝具無料処分キャンペーンについてお話させていただきました。
寝具を新調いたいけど、不要寝具の処分に困っている方がいらっしゃいましたら、是非当店をご利用ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

hanzam
半ざむ市川市本八幡店へようこそ
市川市・船橋市エリアの寝具専門店として、経験・知識が豊富なスタッフが、お客様のニーズに合った寝具を選ぶお手伝いをしております。マットレス・敷布団・羽毛布団・オーダー枕・毛布など、実際に試されてからご購入いただけます。
また、綿布団打ち直し・羽毛クリーニング羽毛リフォームなど、ご購入後のメンテナンスも承っております。他店の物でも構いませんので、是非半ざむ本八幡店にお任せ下さい。
スタッフのご紹介


本八幡店 店長
平子 賢
ピローアドバイザー・羽毛診断士・ダウンプロフェッサー
東京生まれ東京育ち、学生の時は、野球とバスケなどスポーツを多くやっていました。インターネットで様々な物が購入できる今日ですが、寝具は実際に試し寝することが重要だと考えています。地域に密着した快眠の為の店舗として頑張ってまいります。
ピックアップ

店舗休業・新型コロナに対する取り組みについて
【店舗移転のお知らせ】
令和2年12月19日より本八幡駅前へ店舗を移転致しました。今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます。